豊胸手術の方法について

胸の大きさに悩みのある方は意外と多く居ます。最近の女性は、体型が欧米の方に近くなり、細いのにグラマラスな体型の方が増えています。その一方で、胸の小さい方も存在し、大きな悩みとなっているのです。胸を大きくする為には色々な方法があります。

胸筋を鍛える方法、自分の胸の大きさにあった下着を身に付ける方法や胸が大きくなるサプリメントを服用するなど色々な方法があるのですが、根本的に改善する方法は豊胸手術になります。また、豊胸手術にもいくつかの方法が存在します。一番簡単に方法は、コラーゲン注射を打つ事です。コラーゲン注射を胸に注入する事で、胸にハリが出て大きく見えます。

ただし、一定の時間が経つと効果は無くなり、定期的にコラーゲン注射をする必要があるでしょう。また、劇的に大きくなる事はありません。根本的に大きくするには、胸に脂肪を注入する方法かシリコンパックを入れる豊胸手術があります。胸に脂肪を注入する方法は失敗するリスクが少なくなります。

自分のお尻などの脂肪を胸に注入するので、自然と馴染むのです。しかし、シリコンパックほど劇的にバストアップは望めません。シリコンパックは希望の胸の大きさを入れるので、どんな大きさにも出来るメリットがあります。しかし、その一方で失敗談も数多く耳にします。

手術後は馴染むまでに相当胸が痛いそうです。痛みを我慢しながら、馴染ませるマッサージを行うので大変苦痛が伴うでしょう。どうしても胸を大きくしたい!と考えるなら、まずは医師のカウンセリングを受ける事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です