豊胸手術も大きく変化しているようです。

美容整形外科でも非常に人気が高いといわれている豊胸手術、近年の医学の進歩に伴って、美容治療も目覚ましく進歩しているので、一昔前のように大きく切開し、食塩水パックなどを入れるといった手術は影を潜め、最近では切らずにヒアルロン酸を注入するといった簡単な手術が主流となってきているようです。メスを使って切ると、術後のダウンタイムも長くなりがちで、腫れや痛み、そして感染症などリスクも高くなってしまいます。最近の整形手術は、美容成分などを注入したり、脂肪分を抽出したりする術式がメインとなっており、出来るだけ患者側に負担とならないものが推奨されるようになっています。豊胸手術も、食塩水パックなど異物を混入する方法は、衝撃による破裂の危険性も高いため、女性には大切な乳がん検診なども受けられる検査に制限が出てしまったり、手術では筋肉も切断するため、壮絶な痛みとアフターケアが必要で、日常生活でかなりの支障がきたすといわれてきました。

しかし最近の豊胸手術では、ハリを甦らせる美容成分や、自分の体の他の部位についていた脂肪などを注入する施術のほうが増えており、拒絶反応も防げ、また切らずに行えるので、傷も目立たず元の生活に戻れるまでの回復が早いなどたくさんのメリットがあるといわれています。しかしこういった手術は、受ける側に取って見ればリスクも低く気軽に行えますが、執刀する医師側には高いスキルが必要とされるので、クリニック選びは間違えないようにしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です