豊胸手術のいくつかの種類について

適度にボリュームがありきれいなラインのバストには女性なら誰もが憧れると思います。そんな理想のバストになるためにおこなう方が多い豊胸手術ですが、その方法にはいくつかの種類があるようです。豊胸手術の中でも最も定番で多くの方が行っている方法には、シリコンなどを脇や乳房の下から挿入し、バストアップさせるというものがあります。この方法は脇や乳房の下に傷口が残ってしまいますが、脇はタンクトップを着ない限り普段は目立ちませんし、乳房の下もあまり気にならないという方が多いようなので、傷口の心配はそこまでしなくても大丈夫だと思います。

また、他には自分のお腹などから脂肪を取り出し、その脂肪をバストに注入するという方法の豊胸手術もあります。この方法はシリコンを挿入する方法と比べても傷口が目立ちにくいということや、自分の脂肪を使うため安心して手術を行うことができると言われていますが、せっかくバストに脂肪を注入しても体内に吸収されてしまい、バストアップにならなかったというケースも多いため、必ずバストアップできるというわけではないようなので注意が必要です。他にも、プチ豊胸手術と言われるものもあります。これはアレルギー反応を起こす人が少ないと言われるヒアルロン酸をバストに注入してバストアップさせる方法で、ヒアルロン酸は長くても二年ほどで体内にすべて吸収されてしまいますが、定期的にヒアルロン酸を注入することで傷跡もなくバストアップができると人気のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です