美容整形で行われる治療と選び方とは

美容整形とは、主にコンプレックス改善のために行われる治療法を指し、基本的には保険適用外となっています。美容整形で行われる治療方法の中では、バストアップ等の目的で行われるパッドの挿入や目頭切開、顎のラインを整えるための垂直骨切り術などがあります。美容整形で行われる治療方法の中で、プチ整形と言われるものもあり、日帰りで帰れる治療もあります。またそのほとんどは、即効性があり持続性のある治療法として手軽に治療を受ける事ができます。

ただし、ヒアルロン酸など注射による注入法では、即効性はありますが永続的な持続性はありません。ですが、美容整形クリニックによって同じ目的で治療を行う場合でも、手法が異なることも多く、持続期間に差があります。美容目的の治療を行う場合は、数件にわたって下調べをする必要があります。特にバット挿入や、脂肪注入法ではその手法は多岐に渡るため、なるべく数件の異なる手法を持つ医師を探し、複数の美容整形クリニックのカウンセリングを受けることが大切です。

また、美容目的の治療では保険適用外が主ですが、例外として保険適用内の場合もあります。例えば、病気や怪我による乳房再建術等は保険適用内になることがあります。保険適用内の判断としては、医師の判断によって保険の適用か否かを判断します。整形外科的治療を受ける際に、外見上の見た目で美容目的の治療を受けたい場合には、保険適用が可能になるのかを確認する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です